大妙ヘリテージ-2017

アンドリュー・ストーンによる大妙の歴史、釈迦から現在にいたるまでのヘリテージをお知らせできることをうれしく思います。アンドリューが2016年に出版されたITO gaidenに貢献してくれた何人かのうちの一人であることをご存知の方は多いと思います。
この物語はアンドリューのイマジネーションにより、映画の脚本のように書かれました。ITO gaidenに入れることはできなかったのですが、自分だけの記憶にとどめておくことはできません。この物語がみなさんの現在の、そしてこれからの大妙の理解を深めることを祈っています。

Taimyo Heritage本文(英語)はここをクリック→ 大妙ヘリテージ

金剛位にて
伊東不学
2017

名前が教えてくれたこと

What My Name Has Taught Me

By H.F. Ito with help from Tomi Nagai-Rothe and Lee Seaman

My full name is Haruyoshi Fugaku Ito. Since many people know me simply as Ito, you may not be familiar with the rest of my name. This is my reflection on what I have expressed through my name, and learned from it.

My parents gave me the name, HaruyoshiHaru means spring, and Yoshi means righteousness. I was told that Haruyoshi came from my great grandfather, who was the first generation town mayor of Hayama-cho*!

https://en.wikipedia.org/wiki/Hayama,_Kanagawa

Hayama is located at the northern end of Miura Peninsula, facing Sagami Bay on the Pacific Ocean. The area has a temperate maritime climate with short cool winters, and hot humid summers.

Fugaku is the artistic name I received from Aoki-sensei during the Rakutenkai period. It was a great honor to receive a name from him in recognition of being his disciple. The Fu of Fugaku is like the im of im-possible (meaning, not), or the un of un-believable. Gaku means learning – studying intellectually or logically through language. Fugaku* means without intellectual study.

I must have been a very annoying student when I was young. I was always asking my sensei and sempai questions in order to understand the meaning of kata or any other number of things.

One day they told me to look for the answer by searching within my own body. This meant I had to study my own body wisdom, instead of expecting answers from others.

One of the things I learned was that a person who only collects knowledge may seem smart, but also can often be quite narrow-minded. If we want to really build our lives, we need to gather wisdom through personal experience by interacting humbly with other people and the world. That’s what I wanted for my life, so I started asking, “What is the message of Nature? What is Nature telling me?”

When I did that, and actually paid attention, I ran into a lot of contradictions: good is bad, bad is good. It was confusing — like the Chinese proverb about the horse.

A Chinese farmer gets a horse, which soon runs away. A neighbor says, “That’s bad news.” The farmer replies, “Good news, bad news, who can say?”

The horse comes back and brings another horse with him. Good news, you might say. The farmer gives the second horse to his son, who rides it, then is thrown and badly breaks his leg. “So sorry for your bad news,” says the concerned neighbor. “Good news, bad news, who can say?” the farmer replies.

In a week or so, the emperor’s men come and take every able-bodied young man to fight in a war. The farmer’s son is spared. Good news, of course. And of course, the story doesn’t stop there.

I found so many situations like that when I started to pay attention.

Life is a kind of training, searching for the way, searching for the truth and for real meaning. All my life I’ve never had what most people would think of as a “real job” to make money. Whenever I had the chance to take a job I’d ask, “Is this job going to be good for me?” So I pursued my interests, and since money is very convenient, I ended up doing a lot of different things to make a living. All my life I have felt, “Life is good! I like what I do. I do what like.”

As a result, I’ve learned something from everything in my life.

I found that the more enthusiastically I taught, and the more eagerly I shared, the more I found out about the world and other people. One major life lesson for me has been, “The more you share, the more you learn.”

And over the years I have come to realize that my body knows the wisdom of the Japanese martial arts. It’s like the breath of Japanese culture flows through the kata into my body, and it makes a home there. Of course, that understanding takes a lot longer to reach my brain! But my body seems like a repository of treasures inherited from three great masters — a world-class living national museum.

Buddhists say that our life was given to each of us as an opportunity for Shugyo (training). We are supposed to keep developing our level of spirituality, no matter what we do and no matter what kind of circumstances we encounter.

World peace will never arrive through political statements or laws or military might. It always starts from within us. If you don’t have peace in your own body and your own heart, you can’t expect peace in your person-to-person relationships, and you can’t be in peaceful relationship with people or animals or anything in the world around you. Even if we want peace, we will end up creating conflict until we make peace within ourselves.

This is what Fugaku has come to mean for me: Do not depend simply on your intellectual understanding of the world. Find Truth by studying the Universe through the movement of your body.

I share it with you as a useful life principle.

*Note: Daisetsu T. Suzuki is the author of Zen and Japanese Culture. Dai means great or big and Setsu means clumsy, so his first name means Great Clumsiness. Even though his writing is not the least bit clumsy, it is a Zen tradition to give oneself a self-deprecating name.

2017年10月

ダイヤモンドカット

大妙ネットワークのみなさまへ

ダイヤモンド・エイト・カットとの旅

ダイヤモンド・エイト・カットをランスで行われた新体道国際大会で皆川先生から正式に学んだあと、ニコルと私はサンフランシスコで夏を過ごした。

そのあいだに3回、この型に関する理解を深める機会があった。
・      サンフランシスコ、デイストリートでの、2016年の大妙クラスのプログラムの中心としてダイヤモンド・エイト・カットを行った。
・      サンラファエルでの新体道剣術のワークショップ(8/20-21)で、ジム・スターリン、カーニー・ボーデン、シン・アオキ、サンドラ・ベングトセン、ロバート・ガストン、クリス・イケダ・ナッシュ、デイヴィッド・サーガニィ、マイク・シーツとダイヤモンド・エイト・カットを稽古した。
・      カリフォルニアのトリニティ・アルプス*でデイヴィッド・サーガニィ、クリス・イケダ・ナッシュと行ったキャンプで、大自然と夜空のもと、ひとり稽古で何度も検討した。

Wellness Resource Center (WRC) **(合気道とマッサージの学校、マサチューセッツ州ノース・ダートマス)を9月初旬に訪問したときに、さらに2回、稽古を深める機会を持った。
・      WRCで合気道のベテラン指導者にダイヤモンド・エイト・カットを教える機会を持った。
・      WRCに訪ねてきた東海岸の新体道指導者4名にダイヤモンド・エイト・カットを紹介したとき。

それらの経験を通じて、以下のような考察を得た。
・      最初の動きはみなに好まれる。その理由は、最初の動きは立位十瞑想法の金剛位に似ているからである。
・      ダイヤモンド・エイト・カットは、今年の夏に15周年を祝った大妙の稽古参加者には、天からの贈りものとして感謝された。
・      全体を、非常にゆっくりと優しい動きでおこなえば、有酸素運動の激しいうごきが困難な人でも、シンプルな準備体操として使うことができる。
・      視線を動かすことでダイヤモンド・エイト・カットを行うことで、腕の動きを行わなくても、非常に効果の強いイメージの稽古になる。
・      日本の神道の儀式のように、お祓い ***として使うことができる。
・      椅子に座っておこなうことで、宇宙や空のなかで統一基本技を行っているように本当に感じられた。意思でできた宇宙船に乗っていることをイメージした(このイメージは、パラリンピックを見たことで触発されたように思う)
・      一番だいじなこととして、8番目の大上段で大空を斬る動きをとてもゆっくり行っているときに、大宇宙の外側を垣間見たような気がした!****

次にお会いするときに、最新のインスピレーションをシェアできるのを楽しみにしています。

伊東
2016/9/27
(英語原文はtaimyo-e.netに掲載。翻訳責任:飯田宗一郎)

https://en.wikipedia.org/wiki/Trinity_Alps
** http://www.wrcaikido.com
*** https://en.wikipedia.org/wiki/Harae
**** 以下がダイヤモンド・エイト・カットの8番目の大上段への私の解釈です:
大上段斬り込み、斬り払い:90 ºの斬る動き
中段斬り払い:180 ºの斬る動き
ダイヤモンド・エイト・カットの8番目:からだをひねって、後方に届かせようとすることで、天空を180 º斬る動きとなる

第11回目の新体道国際大会を終えて

大妙ネットワークの皆さんへ

サンフランシスコにいます。火曜日の夕方に2回目の大妙クラスを終了し、今回のセッションは残り3回です。みなさんが、それぞれの地で大妙を楽しまれていることをねがっています!

お聞きになっていると思いますが、第11回の新体道国際大会がフランスのランスで2016年の7月半ばに行われ、成功のうちに終了しました。

過去6か月のあいだ、新体道の審査委員会(TNEC)の進行役を担いましたが、その間、次のような異なる文化の比較*が頭に浮かびました。

*1975年に米国に移動して以来、数年間のあいだ文化の比較に没頭しました。その間に、西洋と東洋は非常に異なる強みと弱みを持っていることを理解しました。西洋的な二元論(自己とそれ以外は分離しているという考え方)を採用する人々は、特定の分野で専門性を獲得することが比較的容易です。その専門分野のなかでは非常によく能力を発揮しますが、他の専門の人の意見を受け入れないことがあり、容易に意見の不一致や論争に至ります。東洋の考え方では、文化的に異なる考えを受け入れることが推奨され、不一致は少なくなりますが、明確さは犠牲にされ、あいまいさがより大きくなります。

この2つの考え方が、米国の理事会+米国技術諮問委員会(米国TC)と、欧州技術委員会(ETC)が議論する際に反映されていたように私には思えます。誤解を恐れず言えば、同様のことはISC委員会とTNECのあいだの議論にも反映していたのではないでしょうか。

結局のところ、これらの違いはそれぞれの新体道に対する2つの考え方を反映しています。

・一つ目は、新体道=青木先生の世界であり、どこまでも青木先生を追い続けるべきである(少なくも、青木先生がこの世を去られるまでは)、というものであり、ISCもその考えをベースに形作られるべきである、というものです。

・もう一つは、新体道は青木先生と楽天会のメンバーによって、1960年代から70年代に、大基本の方が本質を伝えるように作られており、稽古をする者は青木先生に敬意を払うべきだが、青木先生から独立できるものであり、またそうあるべきものである。ISCはこのフィロソフィーのもとに形作られるべきである、というものです。

日本人は「しょうがない」、フランス人は「ジュセパ(Je ne sai pas!)」とお互いに言って、相手のことをあきらめ、別々の道を行くべきでしょうか?

いいえ、そうは思いません。

お互いにあえて相手に反論して議論を深めつつも、一定の合意に達することができることを私は本当にのぞんでいます。そうすることで、次の10年間へのクリアな目標を掲げることができるでしょう。

そうしたことを考えながら、合宿で、新体道を社会に生かすという大目的について語る際に以下の稲森和夫氏の言葉を使うことを、呼びかけました。

==

「世のため、人のため!」

われわれ人間は、世界のために役立つものでなければならない、というのが私の考えです。なぜなら、日々、地球が何千年にもわたり与えてくれたものに恩恵を受けているのですから。「世のため、人のために尽くす」ことが人間として最高の行為です。ビジネスで成功する過程でも、世のため、人のためということが、考えの基礎でなければなりません。これが私の人生の目的です。このように生きることが、私の信念であり、使命であり、人々への私のメッセージなのです。

==

上記の引用は、大妙ネットワークの大目的にもぴったり一致するものではないでしょうか?

伊東不学

2016/8/7

翻訳文責:飯田

英語の原文はhttp://taimyo-e.net/ で「An inside story」として掲載されています。

大妙@サンフランシスコ-2016

Greeting from SF CA, where Nicole and I have just arrived!
Nicole has to fly back to Paris at the middle of August, but I will be in California till the end of month.
And, while in the Bay Area, I’ll lead a annual series of 5 Tuesday evening Taimyo mediation class at the Day Street Dojo, San Francisco!
This meditation class praying for “The world peace” got started right after the tragic event happened in New York on September 11, 2001, and has been held in the SF Bay Area for the last 15 years.  If you want to know more about it, please visit our site at:
The following is the quote I have chosen as the theme for this summer, so please keep it in your mind when you join me at the sessions!
『世の為、人の為!』
“In Service to Others – and the World
I believe that we humans need to be useful to the world around us, because we benefit daily from what Earth has provided for millennia. Living ‘in service to others and the world’ is the highest form of action we can take as human beings.
Even in the course of being successful in business, we have always based our thinking in service to others and the world.
This is my life purpose. Living this way is my cause, my calling, and my message to others.”
– Kazuo Inamori, founder of Kyocera and DDI (later KDDI).
Looking forward to getting together with you by going “beyond the limits of time and space!”
-Ito
2016/7/24

般若心経と瞑想

今夏の大妙瞑想ワークショップの参考として、次の文章を送れることをうれしく思います。

般若心経とその瞑想との関係についての考えをまとめた松山晋一さんの文章を読んで、全世界の新体道とライフエクササイズのトレーニングをしている人たちのために英語に翻訳してもらいました。

松山さんの文章では、荘子(孔子の教えについても批評した老子の弟子にあたる)と、彼の文書のいくつかの側面が、般若心経や瞑想と関係していることについて書いています。

松山さん、ありがとうございました。

伊東不学 2015年6月21日

追伸 西洋の伝統的な見方でこの文章を解釈しようとすれば、非常に混乱したものに見えるはずです。その理由として、1)西洋的教育では直線的な説明と、それぞれのポイントのつながりが明確であることが求められること、2)西洋文化ではその時すぐに、完全に理解することがしばしば要求されることがあげられます。しかし、今から紹介するような文章では、すぐに「理解できる」ことは期待できせん。よく咀嚼したあと、しばらくは日常的な考えの背景においておいて、そういった考え方が行動を変えて意識的に理解することが可能になるまで待つ必要があります。

→本文はこちら

メディテーション in San Francisco – 2015

みなさんこんにちは!
大妙ネットワークで今年の夏もお会いできるのを楽しみにしています。
今回は「立位十瞑想法」に焦点をあてて、特に、後半の4つのポーズ、献花位(No.5)、献身位(No.6)、献身位から望郷位への移行、望郷位(No.7)、望郷位から浄心位(No.8)の移行について、私の最近の理解と咀嚼についてシェアしたいと思います。
サンフランシスコのデイストリートの道場で行うこの6回の瞑想クラスのために行った考察を別にお知らせします。それらを使うことで、新しく有意義な方向性をみなさんの瞑想にもたらすことができればいいと思っています。
それでは。
伊東不学
(翻訳文責:飯田宗一郎)
==
日程
7月28日(火)午後7時~8時30分
8月 4日(火)午後7時~8時30分
8月11日(火)午後7時~8時30分
8月18日(火)午後7時~8時30分
8月25日(火)午後7時~8時30分
9月 1日(火)午後7時~8時30分
426 Day Street、サンフランシスコ

死を見つめて-2015

最近、死に至る可能性がある重い病気と診断された新体道メンバーからの連絡を受けた。その出来事は私に、すべての人が、人生のどこかで彼と同じ状況に直面すること、そしてわれわれは普通、その準備ができていると感じてはいないことを、思いおこさせた。

そしてこれがきっかけで、私自身の健康上の困難な体験について考えた。2004年から2006年のあいだ、私が死に直面したときに経験したプロセスと、自分をとりもどした方法についてシェアしたいと思う。

その経験したプロセスについて

医学的な緊急事態は3回におよんだが、初期の段階で私はショックと恐怖を感じ、からだに障害が残るようなら自殺をしようかとも考えていた。幸運なことに、医師にはそれは不可能かもしれないと宣告されたにもかかわらず、以前のからだに戻ることができた。

その3回にわたる緊急事態は、自分が残りの人生で本当にしたいことを改めて思い出させ、そのプロセスの最後には、自分が実際に達成できることは何か整理する助けとなっていた。それ以来、この出来事によって学んだことを人生の原則として、何か選択をおこなう必要がある場合に役立てている。

と原立する

  1. 残りの人生で自分が本当になりたいものや、やりたいこと、それに、自分自身の多くの希望を入れ込んだリストを作成する
  1. そして、それらを実現することができる方法を、すべて考える
  1. 自分の希望や夢のなかから、本当に実行できるものを一つか二つ選ぶ。
  1. それらを実現するための明確な計画を作成する
  1. そうすれば、大自然/大宇宙があなたに何を期待しているか分かるだろう

私の理解では、これはサムライが死に直面せねばならないときに行っていた方法である。

死と直面することは非常に恐ろしい経験だが、心を整理し、自分の運命を明らかにする非常によい機会でもある。死と直面する経験をするまでの人生で、みなさんは多くの知恵を得てきたに違いない。それらの叡智を、目的地へ到達するための導きとして使い、今、自分が達成すべきことを知るのに役立てるべきだ。

人生の価値はその長さによってきまるのではない。それは人生での経験の豊かさによって決まるのだ。

南無阿弥陀仏 神われらとともにあり

オーム、シャローム(平安あれ)

あえいおうん

敬意をこめて

伊東不学

2015/2/28